大阪堺市にあるプノンペンそば。一度食べたらやめられん味。当店はこの一品しかおいてません。

トップ アクセス 取材記事  紹介動画 リンク 念願の地へ

麺やスープが引き立て役!トッピングが主人公のそば


全国の味オンチよっといで〜・・・ ウチに来たらよけい味オンチになるで?!・・・
にんにくにんにくは青森県産(田子東北天満八甲田)のニンニクを使用
杓子菜杓子菜は店主自ら畑で育てています。 セロリセロリは夏は信州、冬は浜松のセロリを使用しています
にんにく(青森県産)
スタミナの王様、にんにく。
この一粒、一粒をみてもらってもわかるように
ほぼ球状の形を整えていてぷっくりと張りがあり色艶も素晴らしく、青森の冬の厳しさをたくましく育ってきた力強さがわかります。糖度も多いんです。
青森県産の最高級を使用しています。
→プノンペンのにんにく
杓子菜(しゃくしな)(大阪府堺市産)
あまりなじみのない野菜ですが、これぞプノンペンの4番バッター。店主みずから畑に出向き、場合によっては収穫できずに店を閉めることも・・・。よく写真を見てみると虫食いがあり
虫も美味しくもなけりゃ食べないという自然の証。子供のように手間をかけてこそという気持ちで畑に出向いています。
→プノンペンの杓子菜
セロリ(信州産【夏】 浜松産【冬】)
セロリが嫌いな方は意外と多いようです。
しかしセロリの威力っていうのはホントにすごいんです。プノンペンではセロリの嫌いな方でも難なく食べられるます。
いえ、このセロリに実はみなさん知らずに知らずに “はまっている”んです。何回も食べたくなるのは実はこのセロリかも・・・。
何で夏と冬とでセロリを使い分けているかって?是非店主にお尋ね下さい。
→プノンペンのセロリ

トマト
トマトは熊本県八代平野で作られるトマトを使用
 豚肉
チャーシュー
プノンペンでは鹿児島県産豚バラ肉を使用しています。
水(みず) 
トマト(熊本県八代産)
栄養の宝庫トマト。生で食べてもトマトはとても美味しいのですが、調理することによって味わいを増す。酸味豊かに深い甘味も食欲をそそります。それだけ調理するのは隠れた技術が必要となるんです。もうひとつこのトマトは産地はミネラルと塩分で旨みたっぷり。昔この地は海だったとか・・・
→プノンペンのトマト
豚肉(鹿児島県産)
豚肉は鹿児島県産のバラを使用しています。旨み度数が高い上にヘルシーである。
チャーシューにする場合はブロックの切り方や香ばしさと柔らかさのバランスを保つために時間の調整に苦心しています。只時間をかけるというだけではだめです。旨みをどう閉じ込めるかはお店の判断です。
→プノンペンの豚肉   →プノンペンのチャーシュー
 
 使用しているお米について



Copyright © 2016 Punonpen All Rights Reserved