大阪堺市にあるプノンペンそば。一度食べたらやめられん味。当店はこの一品しかおいてません。

トップ アクセス 取材記事  紹介動画 リンク 念願の地へ

 豚 肉


私のお店では豚バラを使用しています。(鹿児島県産)
 
日本では弥生時代の遺跡から出土した従来イノシシと思われた骨が豚の骨と判明した古墳時代の遺跡からも豚の骨は出土している。
『日本書紀』、『万葉集(萬葉集)』、『古事記』に猪飼、猪甘、猪養などという言葉があり(「猪」は 中国ではブタのことを指す)、 その当時は日本でも豚の飼育が行われていたことが伺える。やがて日本本土では豚肉を食べる習慣は廃れたが、 南西諸島の琉球王国では中国と同様、日常的に養豚が為されていた、そして琉球人たちはハレの日には豚肉を食べているこういった当時からの本土との習慣の違いにより、 沖縄県では豚肉料理が特に発達している。沖縄で飼育されている豚は、 1385年に渡来したという琉球王国時代より続く血統の 黒 豚「アーグ」が有名。「アグー」または「シマウヮー(“島豚”の意)」とも。

関西で「肉」と言えば牛肉のことを指し、豚肉は「豚」と呼ばれる事が多い。従って関西では、豚肉などを使った中華 まんのことを「肉まん」とは呼ばず「豚まん」と呼ぶ。豚肉には、たんぱく質や脂肪、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、カリウム、パテトン酸などが多く含まれる。 中でもビタミンB1の含有量は、牛肉の約10倍にもなり、筋肉に溜まっていく疲労物質、乳酸を取り除いて、夏バテにもとても有効と言われています。またビタミンB1には、酵素を助ける働きもあります。なので、不足すると糖質をエネルギーに変える酵素の働きも悪くなってしまいます。
結果、疲れやすくなる、手足のしびれ、体のむくみ、すぐ息が上がるなどという症状があらわれます。要するに豚肉は体の機能を正常に整えてくれるわけですね!さらには脳の働きを活発にさせるビタミンB12も豊富に含んでいます。疲れた脳を癒すには最適ですよ。ビタミン類は肌の活性化にも効果を発揮します。ツルスベ肌に大変身!アンチエイジングにつながりますよ♪脂っこくて、カロリーの高そうな豚肉ですが、実は低カロリーで、ダイエット向きの食材なのです。


部位ではヒレ、ロース、 外ももに多く含まれる。 高エネルギーで敬遠される脂肪は牛肉に比べて少ない。豚肉はウィルスがついていたり、 寄生虫がいる場合があるため、 中まで完全に火を通すことが重要。これらは、 肉の内部の温度が70℃以上で死滅する。
火の通り具合の分かりにくいかたまり肉や厚切り肉は、中央部分に竹串を刺し、 澄んだ肉汁が出ればよく、 濁った状態の場合はまだ加熱が必要と判断する。 豚バラとは、 ロースを取り除いた胴部の腹側の肉で、 脂肪が多いことから三枚肉とも呼ばれている。
豚肉の中で最も脂質が多く、 赤身と脂質が同じぐらいの厚さできれいな層を作っているものが良品。やや堅い肉質で脂肪は多いが、長時間煮込むことによってやわらかくなる。豚肉は「ビタミンB1の宝庫」

にんにく 杓子菜 セロリ トマト 豚肉 チャーシュー 水(みず)

Copyright © 2016 Punonpen All Rights Reserved.