大阪堺市にあるプノンペンそば。一度食べたらやめられん味。当店はこの一品しかおいてません。

トップ アクセス 取材記事  紹介動画 リンク 念願の地へ

 焼き豚(チャ−シュー)


プノンペンでは鹿児島県産豚バラ肉を使って加工しています。加工するのに約2時間ほどかかります。朝に一度、昼からもう一度、多い時ではもう一度とそのときに応じてお客様に常に熱々の商品を提供するように心がけております。一方で、煮ることで中まで火を通し切ってしまった方が、「安価なバラ肉を応用しやす「煮汁をスープやタレに流用できる」等、主に経営上の事情から、日本でラーメン等に用いられるいわゆる「叉焼」の多くは、焼く方法ではなく、鍋で煮た煮豚(にぶた)が用いられている。

加工に約2時間かかる焼き豚はとってもジューシー




一般的に煮豚の方が、焼豚よりも軟らかく仕上がるので、麺料理には合いやすい。単独でおかずやつまみとして食べても美味しいが、ラーメンの具材として今日では欠かせないものとなっており、中華料理では、炒飯、冷やし中華などの料理の材料としても多用される。ちなみに、中国では煮豚のことを「日本式チャーシュー(日式叉焼)」と呼ぶ

「アブラでアブラを落とす?」

脂身の多いバラ肉ですが、私の調理法は、なんとたっぷり油で焼くことでした。コクはあるのにあっさり味でおいしくなるのです。その理由は、高温の油で豚の脂が溶け出て、さらに脂と油は溶け合う性質があるため、より外に出やすくなるためです。豚肉は必須(ひっす)アミノ酸をバランスよく豊富に含み、吸収効率にも優れた良質のタンパク質源です。1人当たりの豚肉消費量が群を抜いている沖縄県は健康な長寿者が多いことで知られ、豚肉のタンパク質が病気予防に効果があることがうかがえます。


ラーメンに入れるなら絶対!『バラ肉』だ! 人気No1

ラーメン店でとろっとろのバラけるチャーシュー食べたことありませんか?あのチャーシューを作りたいのであれば、バラ肉を使います。バラ肉は、ベーコンや豚の角煮などに良く使われる部位で、脂身が多いのが特徴。



焦げ目が香ばしさと全体の風味と味を閉じ込めている。
まさにバラ肉の究極の調理法の一つである。

ラーメンに入れるならバラ肉のチャーシューが絶対にオススメです!スープで脂が溶けて、舌の上でさらに脂が溶けるようならバッチリ! ラーメンでこのバラ肉にかなう部位はありません。
にんにく 杓子菜 セロリ トマト 豚肉 チャーシュー 水(みず)

Copyright © 2016 Punonpen All Rights Reserved